トップ «前の日記(2016-10-12) 最新 次の日記(2016-10-14)» 編集

りょうの果てしなき日記

ブログではなく単なる個人の日記なので、S/N比が非常に悪いのはあしからずー。

RSS 1.0 twitter facebook foursquare flickr YouTube

ToDo:


2016-10-13

_ 次世代型デジタル文具「Bamboo Slate」を体験してきた

株式会社ワコムさんとiWireさんで開催された次世代型デジタル文具「Bamboo Slate」および「Bamboo Folio」の体験イベントに参加してきた。


「Bamboo Slate」と「Bamboo Folio」はどちらも紙に書いたメモやスケッチをデジタルデータ化できる製品で、Slateは下敷きタイプでFolioはカバー付きのタイプ。ペンや性能には違いは無い。


手元に用意されたのはSlateのA5対応サイズで、使ってみたかったタイプだったので運が良かった。右手にあるのはiPad。


操作はボタン一つで、長押しでの電源オン/オフと、1回押しで電源オン時にデータ転送する機能がある。 LEDが1つあり、緑が電源オン時、青が蓄積データ有を意味している。 ペンはワコムさんのお得意の電磁誘導タイプなので、ペン側には電源は無い。


Slate側はmicroUSBで充電するタイプで、充電しながらの利用も可能らしい。


ページを替えたことを知らせる必要があるんじゃないかなと思ったけど、これは後述のアプリでおこなうらしい。 筆圧も認識していて、データとしては線の太さに現れる。


蓄積したデータはBluetoothでペアリングしているiOSやAndroid端末の専用アプリ(Inkspace)で受信する。 この専用アプリでページの分割や、部分消去や選択範囲の移動などの簡単な編集ができる。 また、データはクラウドに保存することが出来て、外部サービスのDropboxにも対応していることが確認できた。 ワコムさんの月額有料サービスに入るとテキスト変換やSVG形式出力機能が使える。ここは無料にして欲しかったなぁ。 あとは、このアプリにはライブモードがあって、メモしているものがすぐアプリ上に表示することができる。

この「Bamboo Slate」を自分ならどのように使えるか考えてみた。

  • 裏紙を利用した普段使いのメモとして
  • 裏紙を使ってもデータ自体には影響が無いので、非常にエコで良い。

  • 仕事でセミナーなどに参加したとき用のメモとして

    会社への報告用に後でデータ起こしする必要があるが、書いた時点でデータ化出来ているのが素晴らしい。また、カメラはシャッター音がうるさいし、PCはキーボードの音がうるさくてかつ画面が明るくて他の方に迷惑が掛かるので、この点でも紙へのメモがオーソドックスだがベストだと思う。

  • アンケートや参加者名簿
  • ちょっとした勉強会を開催したときに参加者に記名してもらったりアンケートをすることがあるが、これを後からデータ化するのが少々手間が掛かっているので、Bamboo Slateがあれば手間が省けそうだと思った。 アンケートでは対面でちょっと離れている場合にも、ライブモードを使うと手元の端末で見ることが出来るので、カウンセリングなんかにも応用できると思った。

変わった使い方としては、もうすぐ年末なので、マジックやかくし芸として、相手の書いたものが分かってしまう、なんてのの仕掛けとしても使えるんじゃないかなぁと思った。


軽食としておしゃれなおにぎりをいただきました。Bamboo Slateのペンがおにぎりみたいな三角柱になっていることにちなんでとのことです。ごちそうさまでした!

インフルエンサーワイヤー


2003|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|